フェルトドッグ *Mitten*
大切な愛犬Jrを愛情を込めて羊毛フェルトでちくちくと手作りさせていただきます。

オーダーご依頼について

☆ただいまオーダーはお受けしておりません。 ☆**


**画像や記事の無断転載はご遠慮下さい。**


最新コメント

お問い合わせ


お問い合わせはこちらから

材料仕入れのお店や、作り方などは申し訳ありませんがお答えできません。
ご了承下さいませ。

☆こちらへ仮オーダー、またはお問い合わせくださる方にご連絡です☆


yahooメール、gmail、hotmailなどのWEBメールを 使用されて当方にコンタクトいただいた場合、
こちらからの返信が迷惑メールフォルダに勝手に振り分けられたり、
webメール側の何らかのフィルター設定の為に返信が 届かないケースがあるようです。

仮オーダー、またはお問い合わせをいただきますと、
こちらからは遅くとも翌日中には返信をさせていただいております。

お手数をおかけしますが、webメールご使用の方は受信設定の見直しや
迷惑メールフォルダの確認をよろしくお願い致します。



ノーリードの件について、反対意見などももちろん、歓迎ですが、
常軌を逸したコメントや理不尽なコメントに対しては 法的措置をとらせていただく場合があります。

ご了承のほど、お願い致します。
なお、HN空欄の名無しでのコメントは承認しません。
固定HNを記載の上、ご意見下さい。(2013.1.22改正)

Creemaさん

ジョーくんJr、ふたたび誕生~♪


ジョーくんJr、ふたたび誕生♪↓
詳しい記事はこちら

依頼者さまからのお声

もし、よろしかったら過去にご依頼くださった依頼者さまも率直なご感想を書いていただけると嬉しいです(*^^*)~2014.4.2 設置~ ご依頼の参考にもしていただければと思います(^^)

プロフィール

るる

Author:るる
フェルトドッグ*Mitten*では
羊毛フェルトや獣毛を使用し、
大切な愛犬をモデルに手の平サイズの
Jrちゃんを完全オーダーメイドでお受けさせていただいております。

カテゴリ

最新記事

ホーリーさん作のバナーです

ホーリーさん作のサイトバナーです。
素敵なバナーを作っていただいて感激です(*^^*)

れおんパパさん作のバナーです

3わんことJrちゃんの3ショットが
かわいく並んでます♪
めちゃくちゃかわいいバナーを制作していただいて またまた感激しました(*^^*)

作品レシピ掲載本


羊毛フェルトのマスコットCOLLECTION
2009年7月18日(土)発売
(河出書房新社)
「ずっと一緒にいようね」の
作品レシピが掲載されました

その時の記事はこちら↓
本に掲載されました^^

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ノーリードに関するお話。
今日は「ノーリード」に関するお話をしたいと思います。




公の場でのノーリードはどう考えても犬にも人間にとってもいけない行為ですが、
世間の風潮はこういう感じになっていませんか?

(これからお話する「ノーリード」とは「公の場でのノーリード」です。)




*こういうケースもあります。

ノーリード飼い主とそれを注意する人の感情の図式


ノーリード図式


実は私もノーリード飼い主に注意し、↑この状態になった経験があります。
(もちろん、中には素直に反省され、改められた方もいらっしゃいます)



それと、ノーリード反対派の方のブログもたくさん拝見しましたが、
「ノーリードはいけないと思っている」と仰りながら、
「すべてのノーリードの飼い主を批判してるわけではない」
などと、
ノーリード飼い主にどこか気遣ってるような書き方をされてるブロガーの方もけっこう目につきました。


(「時と場所を考えてのノーリードだったらいいと思う」と間違った事を仰る人も多く居ました。
それは後の記事でお話します。)


何故、こういう風潮になってるのかというと、
注意される側と注意する側の飼い主のどちら側も
条例の存在を知らない、知っててもきちんと意味をきちんと把握してないので、
(ダメだと知っていてもわかってやっている確信犯も居ますが)
「賛否両論がある」などと、間違った風潮になってるのだと思います。



公の場でのノーリード行為はどう考えても犬にも人間にとっても絶対にいい事ではありません。
前にもお話ししましたが、条例がもし存在しなくても、私は常識的に考えて絶対にダメだと言い切れます。


「公の場でのノーリードは犬にとっていいのか良くないのか難しい」
こう仰る方も居られます。これもおかしいです。

いいか悪いかという問いに対してはダメ!に決まっています。


「賛否両論がある」と仰る方には「はぁ?????」です。ノーリード行為に賛成派が居る事に疑問です。




これは思想や考え方ではありません。

公の場ではリードで犬を繋ぐ。

これはルールで、当たり前の事です。常識問題です。

しかも条例違反です。




こういうおかしな風潮を私はこのままでは放ってはおけません。。



条例を詳しく調べてみましたので、じっくりご覧になって下さい。
犬の飼い主さんはもちろん、これから飼おうと検討されてる方、飼っておられない方もとっても大事なお話です。



次のページに続きます。
【2011/01/27 00:10】 | ☆ノーリードは絶対に反対!☆ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。